アレンジ
羊毛フェルト*ひつじといっしょ 2010年05月

羊毛フェルト*ひつじといっしょ

 羊毛フェルトと羊にたっぷりつかった日々を送っております。 カフェにて、のんびりと講習したりしています。羊毛フェルトを始めたい方や、挫折した方でも、気軽にのぞいて楽しんでもらえたらと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    注:本日は完全に脱線して、羊毛フェルトのお話じゃ有りません。
      羊毛をご覧になりたい方は、
      お手間ですがカテゴリーのギャラリー辺りをどうぞ。
      他も羊毛だらけですが....。


    さて、今日は芸能人じゃなくて、フルーツのドリアンのお話。
     
     買い物から帰って来た主人の荷物の中
    (レジ袋2枚重ね)から貫通して飛び出すトゲトゲ発見。
     
    お値段も何故かスイカ程度(イヤ、西瓜より安かった)らしい。
    重い、痛い、安い(臭い)、3(4)拍子揃った良いドリアン?でした。

               紹介しながら、かなり複雑心境の私ですが
                  冷静に考えて変な果物だと思います。


         『フルーツの王様』と呼ばれながらも
       お店の果物の陳列棚で見かけることこそあれど
      人様の買い物かごに入っている姿を見たことの無いフルーツ。

     『どりあんだ.......』(....既に驚かない私。)
      実は初めてではない。.....もう慣れました。
      時々(ッて,2~3年に1回くらい)主人が買ってくるので.....
      子どもたちは.....
      過去に食べた味を覚えている者~忘れているらしい者まで....。

      RIMG0005_convert_20100531103919.jpg

      食べ頃になるとこんな感じで割れてくるので食べ頃は簡単に判ります。
      来たときはまだ割れておりませんでした。
      レジ袋にそのまま入れておくと
      少し黄色みがかかってきました....
      蒸れてかびても困るので
      袋から出して家具等コタツの上に....(もう一息でしょうか?)

      ※想像して下さい↑この光景
      普通無いでしょこんな図、庶民の食卓ですよ!!


      
      と言いつつ、先日....割れてきたので解体開始。冷静?
      RIMG0006_convert_20100531103934.jpgまずはパカッと
      割れる所は決まっているので
      割れ始めると意外に手で簡単に割れます。

      (手が痛いときは軍手でどうぞ.....実行するチャレンジャーはいるかしら?謎)
      クリーム色の塊フォアグラに似てる(?)が、可食部分です。
      RIMG0007_convert_20100531104528.jpgドンドン割ります。

      1つはこんな感じ
      RIMG0008_convert_20100531104547.jpg

      子ども曰く「臓器っぽい』....納得する私。
      全部で5部屋になってました。
      取り出すとこんな感じ
      RIMG0009_convert_20100531104627.jpgサイズが判るかな。
                          大きいけど廃棄率も高いです。

      この塊の中に種が有ります。(大きなヒレカツサイズ。)
      RIMG0010_convert_20100531104703.jpg


      さて、味は?
      ブログに紹介しようといっぱい考えましたが
      とても難しいです。
      決して複雑な味では有りません。
      言えるとすれば甘いです。クリーミーだけどさっぱりしてます。
      柔らかい甘さ、酸味ほとんど無し。
      未熟でも全く酸味は有りません、

      舌触りは、クリームっぽいアボカドみたいな感じ
      青臭さ全く無し。食べると匂いは『臭い』とは随分感じません

      (ニンニクも食べてるときは臭くないでしょ)
      味ではなく舌触りでアボカドと違うのは、繊維質が有ること
      そのくせあまり食べるに時邪魔になりません 不思議。
      ちびちび食べると、臭みが感じられるで、
      食べるなら根性据えて一気に口に入れましょう。(笑)

      (根性据える必要の有る果物って.....どうよ!!)
      
       さて、そんなドリアンどうでしたでしょうか?
       チャレンジしてみる方、いるかしら?
 
       でも、よく考えてみると
       匂いがくさい(生◯◯の様とまで噂される)....お気の毒.....。
       でも、お店で見かけただけで、
       匂いで『いや~~』って思ったことのある人は
       たぶんごく少数だと思います。いないかも....。
       日本に輸入されている種類は
       たぶん本場ではおもちゃのようなお上品なドリアンなのだと思います。

       勿論,本場に行ったことも無いですし、
       ホテルに持ち込み禁止のような物も食べたこと無いですけど....

       是非本場でドリアンを食べた方の感想も聞いてみたいと思う私でした。

       *最後に、ドリアンを食べる注意点。
       1、お酒は一緒に飲むと良くないそうです。
         しらふで召し上がってくださいね。
       2、ゴミの日を確認の上、食べましょう。
         ゴミは長く置いておきたくないです。
       
        お粗末様でした。


       笑ってくださる方がいると良いのですが....

     

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
先日載せさせていただいた記事
『羊毛フェルトを始めたい方へ(ニードルについて)』
沢山の方に覧いただけたようなので
『羊毛フェルトをはじめたい』と思われる方が多いのかな?って....
以前に書いた物を、画像を載せて書き直して載せております。

少しでもお役に立てばと思いますので、今後他も順次編集して載せますね。
以前ご覧になった方はスルーしてくださいませ。

     では.....スタート。

羊毛フェルト(ニードルフェルト)は、始めたい時にかかる費用(初期費用)が
手頃で、すぐに始められるのも魅力の一つだと思います。

 最低限必要な用具は
フェルティングマット(通称マット)とフェルティングニードル(通称ニードル)
この二つだけ。ずいぶんシンプル&リーズナブルです。
とはいえ、テレビで見たり、雑誌で見たり、書籍でみたり
皆さんやってみたいと思うキッカケは様々ですから、
詳しく説明されているモノから、もう知ってるモノとして全く説明のないのまで
いろいろです。今回はそのマットについて書きます。

 *マットのお仕事と、種類
 マットのお仕事は、羊毛をニードルで差し固める時に羊毛の下に敷いておくことで
ニードルが机に当たって折れたり、机に傷がつかないようにするのことです。
あとは、手に反動が来ないようにしたり、ニードルがマットまで刺さり込む事で
羊毛にしっかり刻みがささりフェルト化が進み作業の効率が良くなる事。
手を傷つける可能性が低くなる事などです。

 慣れてくるとずいぶん使う割合が減る人も居ますが、たぶん0にはなりません
(必需品です)
 種類も沢山出ています。スポンジ型のもの・(逆さま向きの)ブラシ型のもの
 クッション型のもの・厚みのあるシート型のもの等....。
 
 ★スポンジ型......一般にフェルト用のスポンジは
        a231cafbd9a7523c.jpeg7e6d39a5b984627e.jpeg


         普通に見かけるスポンジより固めに出来ていて
         ガチッとした印象になります。(色はメーカーにより色々あります)
         ニードルで刺したときサクサクといい音がして
         手応えも気持ちいいです。(ちょっと楽しい)
         
         難点は、羊毛が組織の中に入って残り易いので
         特に濃い色を使ったあとに薄い色を使う時などに
         混色し易いこと。手で取るのですが限度が有ります。
         
         あと、スポンジは使い込むと
         へたってつぶれてくるので買い替えは考慮に入れて
         使って下さい。
         (人によっては洗車用のスポンジや食器洗い用のスポンジを
         代用している方もおられますが柔らかくて使いづらいと思いますので
         お薦めしません)

 ★ブラシ型.......値段的にちょっと高めかな?
         db50b178678bb07c.jpeg
         もう少し小さいサイズも有ります。
         へたりは少ないのでかなり長持ちします。
         難点は、やはりお掃除のしにくさ.....
         掃除用の用具も販売されるようになりました。
         あと、極小のパーツを作りたい時にブラシの毛の束の間に
         材料の羊毛が潜ってしまいますので細かいものを作るには
         配慮が要ります。

        *最近は、スポンジ型やブラシ型の物の上に敷く
         不織布のシートもマットカバーも販売されています。
         
         00bd4b6e052e7ece.jpeg
         便利になったのかな?とも思いますが
         勿体ない様な気も.....??
        
 ★クッション型....素材は表面がフリースで、中綿が詰まっているものが一般的    
         RIMG0022_convert_20100528104346.jpg
          RIMG0023.jpg

         表面に、羊毛が少し残りますが手で簡単に取れます。
         多少つぶれがありますが中綿が抜ける訳ではないので
         一定以上つぶれません。フリースの目が細かいので
         小さなパーツも作り易いです。
         難点は、大手メーカーが作っていないので入手出来るところが
         限られるのでは?ってこと。
         (どうせなら、可愛い方がいいじゃないですか...。ということで
          上記写真みたいなのを講座では使っています。)
       
 ★シート型.....販売されているのは見たことはありませんが、
        通信販売等で購入されたキットなどに付いているようです。
        ニードルが机に当たらないという最低限の仕事しかしていないような....。
        (あきらめちゃう人が増えるのは悲しいので、
         是非良いマットを付けてあげてほしいです。)
        しっかりし過ぎているためニードルの刺さり込みがないのです。
        (ニードルの刻みが、上手く羊毛を絡められないので
        労力の割に作業が進みません。こういう使い方は針も折れ易いです。
        針も丈夫な太めが付いていましたが......使い辛いです。)
 
 沢山の種類が出ています、値段も使い心地もそれぞれちがいます。
たぶん使う方によっても違うと思います。
値段と正比例という訳でも無いと思います。
ただ、ビギナーさんが心づもり無しに買うよりはちょっと良いかなと思って書きました。
今お使いのマットがから別のモノを考えておられる方の参考にでもなればと思います。
 
  あくまでも私の知っている限りの事ですので、
『こういうの使ってます、良いよ~。』 
 なんて言うのが有ったら逆に教えて頂けると嬉しいです。
 
     

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
今日の講習は『カタツムリ君ときのこ』

3名の方が参加して下さいました。
4月に参加して下さったお母様と,お嫁に行かれた娘さんのペア♬
嫁がれた娘さんと手作り講座で待ち合わせ。
こんな風にご一緒出来るって素敵だなあなんて思いつつ...

もうお一人は前回参加して下さった幼稚園のバザー担当さん
『2回同じ講習で良いですか?』って確認で御聞きしたら
『姪っ子に前に作ったカタツムリおねだりされたのでもう一匹。
そして、もう一人の娘にも.....(お二人娘さんがおられるので...)』とのこと。
なるほど納得....。私の方が嬉しくなっちゃいました。
初めてのパターンでしたけれどやはり2回目は手際がウンと良くなって
スピードも速くて。出来上がりもいつになく予定時間を前にして完成しました。
やっぱり,なれてくるんだねって,ご本人も私も.....。
そう講習してても,こんなに実感出来る時ってなかなか無いですよね。

どうもありがとうございました。

お写真は,私のカメラがぴったりと充電切れになり講座の様子は撮れず。
完成後の記念写真を,ケータイで送っていただきました。
お写真どうもありがとうございます。
では、カタツムリ達です。

    SN3F0006.jpg

皆さんお疲れさまでした。

遠くからありがとうございます。またご一緒にどうぞ。

早速,姪っ子さんにお届けするとおっしゃっておられたので
姪っ子さん喜んでくれたかしら?なんて思いながらおりますよ。
また色んなお話聞かせて下さいね。

     

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
お久しぶりの、羊毛フェルトのまめ知識、
今回は、ニードルについて(やっとかい!!と突っ込みが入りそう)

ニードルは、羊毛フェルト(ニードルフェルト)の必需品。
マットがなくてもニードルだけは要りますから....。

さて、このニードル、(正確にはフェルティングニードルといいます。)
皮革製品を縫う時の針のごとく
三角針で先はとても鋭くなってます。
114ae373bb0919d8.jpeg

三角の辺の部分には各角2~3個ぐらいの刻みが入っています。
ですからニードル一本あたり6~9個の刻み(バーブ)が入っています。
(たいてい1本に6個です)

この刻みが、羊毛を絡めるお仕事をするので、
普通の縫い針では全く代用にはなりません。ご注意下さい。
(時々代用しようとする方が居られるので...)

そして,お使いになる時には必ず,刺した角度と同じ角度で抜いて下さいね。
バーブは切り込み同然ですので
曲げ,ねじり,ひねり等にはあっけなく折れてしまいます。


ある程度、消耗品ですので,折れてもそんなに凹まなくて大丈夫
誰にでもあることですので。
抜き差しの時の注意と慣れで折れはぐんと減ります。
(ただ、折れると危ないですし、やはり折れないのがベストですね。)



このフェルティングニードル、
手で持つ部分の端に曲がりがあることからも想像できるかと思いますが
工業用の、大きなフェルトを作るための工場の機械の部品(替え針)です。
ですから、用途によって、素材によって、機械によって色々ありますので
種類は数えきれません。千や二千ではきかないでしょう。
そんな針が、手芸用にバラ売りされていると考えて下さい。
(勿論、今のように、それがクラフトとして定着してくれば
専用にオーダーしているメーカーもあると思いますが)
全ての針を試すことは不可能といえます。

ですから、使い難いモノでなければ太さの違い等の使い分けで
2~3種類もあれば充分だと思います。
お店によって、サイズのバリエーションがちがいますので
(細・並・太だったり、細・太の太が並の太さだったり)
目で確かめてみて下さい。

最近は1本針のニードルもグリップ付きの物が出ています。
(持つ部分が少し太くなっているので疲れにくいということがポイントの様です。)
h441-017.jpg

また、広い面積を刺したり、スピードアップをはかるのに便利な物として
二本針、3本針、5本針パンチャー等のバリエーションがあります。

メジャーなところで、
*ハマナカのニードルホルダー
 (ニードルを1本または2本セット出来ます。取替可)
h441-032.jpg

*ハマナカの3本針(横並びに針が付いてます。めずらしいタイプ。針の交換は出来ません)
h441-013.jpg

*クローバーのアップリケパンチャー
(5本針のパンチャーで、普通針と太針がありそれぞれ指を傷つけ難いカバーがついています。
初心者の方からおすすめですが値段もちょっと高め?)
957ee89870f14930.jpeg

*クローバーのアップリケパンチャー
(3本針...ペンタイプ。1本~3本までセット出来ます。大抵は3本で使うと思います。
手指保護用のカバーがないので
すっかり羊毛フェルト慣れした人には良いかと思います。特に初心者は針折れ・指刺し注意)         

a56a2312e4225a12.jpeg


  あとは,手芸店や,羊毛を扱うお店でオリジナルに4~5本のニードルをセットして
  使うタイプの海外の製品も有ります。
  こちらは、木製の握りで、いかにも専門の道具って感じで置いてあっても
  絵になる,おしゃれな感じ。
  でも、良いお値段です。ちょっと、私も尻込みしちゃいます。

講座のスピードアップに、有り難い味方ですが値段のするモノなので
私は、メジャーなところを自分の分で試していただいてからと思って、
講習中に試していただけるようにしています。
(私なら試さずに買うなんて出来ないと思うので....)
在庫限りは,講座でお分けしてもいます。
市販よりたぶん安いと思いますが,
送料を考えると講座の時に直にお渡し出来る方のみにしかメリットは無いかも....。

久々の,基礎知識でした。お読み下さった方お疲れさまでした。(ペコリ)
少しでもお役に立つと良いのですけれど....。
さて次は何時かしら基礎知識??

     

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村



  絵本に『おちゃのじかんにきたとら』という本があります。

    20061103_252912.jpg

  すっかり家中の食べ物を平らげて帰ってしまう
  何とも人騒がせなトラなのだけれど

  トラの訪問を受けたご家族の
  何事にも悲観的にならないおおらかさと
  そのトラの悪気の無さそうなのどかな雰囲気が
  絵本ならではのお話なのだけれど
   

  出産祝いの初節句用のトラと、
  今回のトラを作り始める時にこのお話も頭の片隅に有りました。
  別に似せるつもりも全くなかったけれど
  (結果も全く似てませんが.....当然ですね。)
  『のほほんとしたイメージはいいな』と思いながら作りました。

  そんなトラなので、何となく食いしん坊な気がします。
  以前いただいたコメントで『草食?』と聞かれたなあなんて思いながら
  さしあたり、雑食の(草食系)トラ?と言った所でしょうか?

  この前の水口での羊毛フェルト出張講習時のトラ君です。

  おやつの時間です。(まさに、お茶の時間ですね。)
      以前お約束の横顔等を、ここからは写真連発で.....

     まず、お茶発見♥
    RIMG0063_convert_20100524101838.jpgネコ科(羊毛フェルト)
                                なんですから
                                手を突っ込んじゃダメですよ。

     今度はロールケーキも
    RIMG0065_convert_20100524122158.jpgおいしそうだねえ


    RIMG0066_convert_20100524122104.jpgすごく食べたそうね。
                             それ私の分のフォークよ。
                           手洗った?脚もね!!(小さいですから。)


    RIMG0070_convert_20100524101427.jpgハイ、合格!!

    RIMG0069_convert_20100524101514.jpgもう待てない?
                                (舌が出てますね。)
                                 自分のフォーク持っておいで!!

    RIMG0071_convert_20100524101340.jpgじゃ~ん!!
                        
        (写りは良くないけどちゃんとフォークです。)
     はいどうぞ、よかったね。
            :
            :(もぐもぐ、むしゃむしゃ)
            :
     あら、食べたらもう帰るの?
    RIMG0068_convert_20100524102029.jpg

    ちゃんとごあいさつした?

    『みなしゃん、しゃようにゃら......』(おなかいぱいです。)

     食べたら帰るのは絵本と同じね(笑)


        

   にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村 
     

        * 記事が長くて、ボタンが探しにくいとのご意見をいただきましたので
         戻してみました。
          戻したからとて情けは無用です.....。
      
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。