アレンジ
羊毛フェルト*ひつじといっしょ 2011年07月

羊毛フェルト*ひつじといっしょ

 羊毛フェルトと羊にたっぷりつかった日々を送っております。 カフェにて、のんびりと講習したりしています。羊毛フェルトを始めたい方や、挫折した方でも、気軽にのぞいて楽しんでもらえたらと思います。

先週の土曜日の出張講習の様子。

   暮らしにより添う器と雑貨  Homey(ホーミィ)
             
        〒528-0057 滋賀県甲賀市水口町北脇501-1
        TEL / 0748-62-1949 Fax / 0748-63-1186
        URL : http://www.eonet.ne.jp/~homey   
        E-mail : homey@hera.eonet.ne.jp


お店に着いたら、こんな可愛いお花がお出迎え
RIMG0001_20110726075757.jpg

ナチュラルなピンクのバラは
オーナーさんのお家のバラなのだとか。
個人的にこのバラ大好き。

そう言えば、Honeyさんの営業時間って?
意識してなかったなあ....いつも出張講習は午後なので...

で、お問い合わせも有ったのでパシャリ!!
RIMG0002_20110726075756.jpg

そして講座開始。
今回は、ご予定の付かない方が多くて
参加者はお二人,そのうちお一人はオーナーさん。
のんびりゆったりの講座になりました。

RIMG0003_20110726075756.jpgサクサク。

マット子どもに取られてて~~と,オーナーさんは
キッチンスポンジをマットに開始。
ちょっと柔らかいけど、簡単なものなら充分ですものね。

背中を作って製作行程も撮影中
RIMG0004_20110726075755.jpg

RIMG0005_20110726075755.jpg

そして再びサクサク製作。
RIMG0008_20110726075754.jpg

初めてさん、だったのでゆっくり説明して進んで行きましたが
ぼちぼち出来上がってきました。

と、この辺りから3人で遊びながら撮影。
RIMG0013_20110726075908.jpg
夏らしく、例の団扇。ぱたぱた。

RIMG0017_20110726075907.jpg
書籍掲載のペンギンはこんなサイズだったり。

RIMG0016_20110726075907.jpg
夏繋がりで連れて行った、ウミガメの甲羅も上から撮影。

RIMG0019_20110726075906.jpg
スカーフもお好みの色で。

RIMG0020_20110726075906.jpg
一列に並んでそろそろ退場。

今回は、のんびりまったり、お話ししながらの講座でした.
いつも、参加して下さるオーナーさん
なかなか忙しくてゆっくり作っていただけないので
今回はじっくり作っていただけました。

良かった良かった♥
今回もお世話になりました。
また、何か作って下さいね。

       

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村  
     
いいのかしら?なのだけれど。

『まめくま堂』さんの『まめさん』のプレゼントクイズで

可愛いタヌキを送っていただきました。
うう~~ン,可愛いぞ~~♥
RIMG0001_20110720174631.jpg
『頑張れ、なでしこ!!』バックの色が似てるだけ?
.....優勝しちゃいましたねえ。...って、応援してたのね♪


改めて名前を付けようかとも思ったけれど
見れば見るほどに『まめさんのタヌキさん』なので

余計な名前よりまめダヌキさんの方がピッタリなので
そのままにべた丸出しで

『まめダヌキさん』と呼ぶ事にしました。

    子ども3と丁度一緒の時にポストに届いていたので
   『開ける?可愛いのが入ってるよ』と言うと
    へへ,って顔して開けてました。

   『何とも独特で可愛いでしょ?』って言うと
   『ウン♥ホント♪』凄く納得してました。
    子ども3は小さいとき丸々していたので
    まんまるタヌキとよばれておりまして.....。
    何やら呼んだのかもしれないなあと.....勝手に思ってます。

   
まめさんのお荷物は手作りのハンコが一杯。
郵便番号はカエルが付いてて、

表には私の大好きな『毛・ケモノ注意』のラベル。
コレ見たら,自分も欲しくなっちゃう。
勿論自分バージョンで.....でも根性無いから無理。
(私の根性は羊毛のみかも....)
郵便屋さんにお願い。もう少し大事にポストに入れてちょうだいな。
中は無事だったけど。

『切手と間違えてスタンプ押ないで~~』グスン!

メッセージカードには林檎ウサギ(ちゃんと2色刷)。
可愛いなあコレ。

ラフなラッピングでって連絡が有ったけど
なんのなんの、嬉しい可愛い!!
お手間が一杯詰まったお荷物で,
暑さも忘れてひとしきりうかれてました。

まめさんありがとう。
まめダヌキさん我が家でゆっくりしてもらってます。
ポーズ付けて可愛がってます。

RIMG0005_20110720174630.jpg


順応性のある子の様で
私の講座用の内職の小物を並べて店開き。

『節電に、団扇はいらんかね~~!!』ですって。
まめですね~~。

RIMG0002_20110720174630.jpg



なかなかの神通力の持ち主で
パタパタと扇げば..台風だって飛んで行ってしまいました.

しかも空気を読んで学校が休校になる頃合いは押えていた様です。
子ども達は喜んでましたよ。

仲良くしてね.まめダヌキくん!!

       

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村  




一体、何時のはなしの続きやら...なのですが

春に行った,ひつじの毛刈りの...毛のその後のお話。

(毛刈りのはなしはコチラでどうぞ...)

 
さて刈り取った毛は,市販されているひつじの毛とはほど遠く
RIMG0002_20110712081435.jpg

白い羊もかなり思い込みで白と思わなければならない色をしています。
RIMG0005_20110712081435.jpg拡大~~!!

だって羊さんお風呂に入れないものね

じゃあ,羊はこんなに汚れ汚れで平気か?ってことですが...
RIMG0004_20110712081434.jpg
↑でんぐり返して見たところ...
羊自身の皮膚の辺りは....汚れが中まで到達出来ないので
奇麗なんですね。よく出来たものです。

でも、かなり脂ギッシュ。
  羊の脂はラノリンと言います。人の皮脂に非常によく似ていて
  なじみが良いので,実は高級品だったりしますが
  この時点ではあまり魅力的ではございません。



  
毛刈りをして、ここまで来たら
洗いたくなるのが人情です.(私だけ?)


   ※私の様に物好きさんもしくはチャレンジャーな方のために 洗い方講座。

    まずは注意事項から...

    羊毛は,お湯の中でこすれるとフェルト化しようとします。
    急激な温度変化(熱い→冷たい)も、フェルト化を促進します。
    ですから,お湯の中で擦る揉むは厳禁です。
    (セーターを洗う時にしてはイケナイ事は羊毛洗いにも共通です。)

   ( あくまでもフェルトを作っているわけでなく
    羊毛を羊毛のママ洗いたいのですから....ソコのところを押えておきましょう。)

   あとは,初心者の方は、『折角洗うんだから』と張り切って
   いっぺんに沢山洗おうと思わないほが無難です。

   無難と書いたのは,
   『根性で洗いきれる人』や『初めてでも上手く洗える人』も当然居るからです。
    ご自分の性格と総合判断でどうぞ。


   *さあ洗いますよ。

    ①目立った大きなゴミや、あまりヒドい羊毛が有れば取り除きます。
    
    ②お風呂(熱め)くらいのお湯を用意します。
     練りモノゲン(羊毛用の石けん)無ければ普通の洗濯石けんでもシャンプーでもいいです。
     を溶かしておきます。

    ③羊毛をゆっくりとお湯に浸けます。
     (汚れが一気にお湯に出てきます.)
   
    ④汚れがひとしきり出たら羊毛をそっとお湯から出して
     水気を切ります。(揉まない擦らない)

    ⑤再び②と同様の石けん入のお湯を張り替えて羊毛を漬けます。
     汚れのヒドい部分を中心に手で一房づつやさしくしごきます。
     ゴシゴシしてはいけません。

    ⑥脱水機で脱水し,奇麗なお湯で漬けてゆすぎ脱水機で脱水。
     繰り返して奇麗になったら
     風通しの良い場所で干して乾かしましょう.出来上がりです。


    で、さっきの羊毛が洗うとどうなるかって事ですが
    こうなります。

RIMG0007_20110712081434.jpg
やっぱり白い羊だった事がお分かりいただけるかと....
 
 で、この羊毛が乾いたのち,染色すると
画面のカゴの中の様になります。
RIMG0021_20110712081433.jpg
↑※注:当然の事ながら私ではございません(笑)
毛刈りの実演をして下さった獣医の三木先生。

で、尚かつこのモシャモシャの羊毛を奇麗に梳いてやると
お店で売ってる羊毛の様に使うことが出来ます。
上の画像の見慣れぬ機械はドラムカーダーと言うもので
羊毛を梳いてやったり混色する時などに使います。
画像は手回しタイプなのですが電動のものも有ります。
どちらも結構なお値段が致しますので
かなり大掛かりに羊毛を使う方にはお薦めですが
普通に羊毛をかなりやるという一般の方は下の↓ハンドカーダーがお薦め

RIMG0023_20110712081433.jpg

因に一寸やってみるだけ....と言う方はペット用の
スリッカーブラシで代用出来ます。

で私は....と言うと,ハンドカーダーで充分事足りております。
ドラムカーダーで可愛いデザインのが有るので欲しいのだけれど
欲しいだけで,身に余る代物なので
『衝動買いはいけません』と自分に言い聞かせております。

       

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村  
震災からあっという間に4ヶ月が過ぎようとしています。

ニュースから次第に熱が抜けて
あの大災害がやんわりと日常になりつつある気がします。

そんな中で,忘れないで欲しいことや
知っておいて欲しいことが沢山有ります。

まず『いの一番』に忘れないで欲しいことは言うまでもなく
震災はまだまだ終っていないこと。
被害に遭われた方が次々に新たな困難に遭遇していること
きっと募金もペースダウンしているはず
支援の数も減っているはず。できる事をするだけじゃなくて
流されずに,未来を考える事も忘れてはイケナイと思います。

知っておいて欲しい事はやはり原発。
まだ終っていないし,今もじわじわと色んな物がまき散らされている事。

被災地以外では何となく,
一段落付いて後は終息を待つだけと言う気持ちになってる人も
少なからず居る様で,とても怖いと思います。

原発が再稼働するような流れにしたい方も多い様ですが
今一度考えていただきたいと思う事が何点か有ります。

   *チェルノブイリより事故が軽いと思う方....それは違います.
    チェルノブイリなら,この時期もう収束していました。
    福島第一はいまだにめどすら立っていませんし
    いまだに,最悪の想定すら出来ない人が経営しています。
    メルトスルーして地下に汚染水がたまっていても
    地下水に漏れださない対策を取る事すら否定しています。
    
    費用がかかるからですって.....周辺に住む人も海をも
バカにした対応ですよね。

   *今回の震災をそれでもまだ幸運だった事を忘れないで下さい。
    なぜなら,同じ規模でも真夜中であったり暮れてゆく時間帯に起こったなら
    今以上の被害が出ていたから....。
    
    少なくとも誰かに腕を掴まれて助け出された方
    流れてくる流木や畳などに這い上がって助かった方々は
    もっと少なくなってしまうでしょうし。
    押し寄せる津波に気がついて逃げた人の数はもっと少なかったでしょう。

    原発だって同様です。
    停電しても,昼間ならまだ今の対応が出来ますが
    夜なら,どうだったか....。

    そう考えたとき,最悪に備えるという事が
    今,『安全対策』と言う名前で考えている次元より
    遥かに遠くに有るという事に気がついて欲しいのです。

   ★原発立地地域の知事さん、
   『暮らし向きの事を考えるな』と言うのは無理なのは承知です。
 
    ですが,安全と言われるものがどのくらい安全でないか
    考えるきっかけと思ってみてやって下さい。

     まず,安全対策として高台に電源車の準備をした事。
     なよりはマシですが,地盤沈下して電源車が近寄れない状態や 
     がれきで路が寸断された場合や 
     原発自身が水没したら防水ドアにしようと(ドアを開けられないのですから)
     子どものおもちゃほども役にも立たないのだという事を
     まず頭に入れて下さい。
     
     被害が出た地域が自分たちのところだけではなく
     電源をまわせない立地の事も有る事を考えて下さい。

     地震は,一回ではないし,津波も一回ではない。
     そして待ってくれないのに,津波対策に3年。
     原発が完全に冷めるまで年や5年は充分かかります。
     今の日本は運任せです。
      
     そして原発は停止中でも,
     事故も起こせれば下手をすれば再臨界だって起こせます。
     
     人にはそれぞれ、色んな夢が有ります。
     地域を善くしようと清掃活動をしたり
     活性化するために知恵を出し合って町おこしをしたり
     安心な食材を提供しようと土づくりから取り組む農家の方
     自然を活かした取り組みも.....
     多分事故が起これば,それは全て無に返ります。

     事故が起きたら....を考えないのはもう止めませんか?
     起きたらどうなるのか.....本気で考えた時に背負えるリスクかどうか
     考えてみて下さい。
     今、被災家族に手渡された一次金は一家族100万円,2次で30万円
     それでももう電力会社は通常の企業なら倒産している状態です。
     もしスムーズに義援金が届いたとしても.....
     とても割りに合わないものでしょう。

     風評被害ではなく実際に害が出ます。
     農産物も海産物も.....残るのは何?
     人住まない土地?孫に,行かない方が良いから...って言われる土地?
     どんな代償を払っても釣合なんか取れ無いでしょう?

   ☆今,自然エネルギーへシフトする時です。
    送電線は今、原発に有るんですから
    ソコに,まず自然エネルギーの基地を作りましょう。

    そしてそれと同時に,立地地域がなぜ受け入れたのか
    その事を日頃お世話になっている地域の方が『我が事』として考え
    電源立地地域の暮らしを原発なしで成立つ方法を
    まず考えましょう。
    町おこしで成功した地域の方々,是非知恵を出して下さい。
    実績は何にも勝る宝です。

    自然豊かなところに原発は多いんです。
    水の豊かなところです。
    洋上風力発電だって出来るでしょう?(風切り音も心配なし)
    皆で知恵を出せば必ず,道は開けます。

    原発の隣りに住みたくなくても
    自然エネルギーの隣りになら住んでみたいと思いませんか?
    電気代安くするのも手ですよね。
    

  ****隠されている事*******  

   原発の定期検査...それは,とてもアナログです。
   多くの作業員(ほぼ下請け孫請け,日雇い労働者,外国人で、電力会社の社員は監督のみ)
   が被爆しながら行われます。
   核のゴミを雑巾掛けしてるようなものだそうです。
   決して高くないお給料で,ほとんど危険性を知らされず。
   暑さでマスクを外したり....
   線量計も外して預ける.....(被爆して作業が出来ない値にすぐになるから預かり屋が居る)
  
   そうやって成立っています。
   長年働くと,体中ぼろぼろになるそうです。
   社会の底辺にいる人を食いつぶして成立っています。

   出てきた核のゴミは毎年たまり続けています。
   10万年先まで毒性は消えません。
   運転すればするほど生み出される核のゴミ
   今,原発収束の協力をしてくれているアメリカもフランスも
   所詮,フィルターなどで集める事しか出来ません。
   
   日本の核のゴミを再処理していたフランスは今も
   最終的な核のゴミを 英仏海峡に垂れながいています。
   (海洋投棄は世界的に禁止されていますが陸からパイプで垂れ流すのは
   海洋投棄には当たらないのです....いいかげんなものです。)
   技術と言ってもそう言うものなのです。
   それすらない日本に,原発が必要だと言うのはどこか違っていませんか?  

    ちなみに,ウランは埋蔵量が限られていて石油などよりウンと少ないです。
    そしてその採掘場では,危険性を知らされることなく
    最下層の暮らしの労働者が,健康を失いながらウランを掘っています。
    日本の様に買う国が有るから.....。

    そして,日本はアメリカといっしょにその資源を確保し,
    仲の良くない国が核兵器に使わない様にと
    処分場と,ワンセットで,モンゴルに確保しようとしています。

    コレだけの事を知った上で,あなたは原発とともに生きますか?

       

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村  

お待たせしております講座の予定&当選者の発表です。

あっという間に夏休みがソコまで来ておりますが

講座に来て下さっていた方からのリクエストと
出張講習に呼んで下さる滋賀県甲賀市の
雑貨屋さん『Homey』さんからのリクエストが偶然にも重なったので

7月は『ペンギンの夏休み』を作りたいと思います。
前回皆さんが作って下さった子達はコチラ↓
   IMG_9711-w400.jpg 
小さいですが
書籍に載っている子と作りは同じです。
   RIMG0001_20110626002804.jpgほらね。

(そもそもチビちゃんをベースに公募用を作ったのですけれど.....)
勿論、講座には時間的制限ががありますので
土台は私が下準備して行きます。
でも作り方はちゃんとお見せします。
荷物に余裕が有れば大きな子も見本に連れて行こうかな?

前に作ったときは付属品がスイカだったので『2011バージョン』は
付属品を変えようと思っています。
お楽しみに....って、初めて作ってみるので出来るかなあ?

私の内職ですから...出来ましたら軽い期待で待って下さると有り難いです。

さて日程ですが

  *かたたや講習*定員6~8名『門前茶屋かたたや』2F

    かたたや

【住所】 〒524-0022 滋賀県守山市守山二丁目2-55
【TEL/FAX】 TEL:077-514-1778 FAX:077-514-1770
【アクセス】 JR守山駅より徒歩10分
     (銀座商店街と旧中山道の交差点にあります。)
    ※駐車場に限りがございますので乗り合わせていただけると助かります。
    または平和堂駐車場に駐車いただくと確実です。

   7月14日(木)

   7月21日(木)

   時間AM9:30~
 ※ お時間の都合で10時スタートも合流OKです,講習時間2時間は保証します

     講習後or途中にランチタイム
     費用¥2300(講習&キット付き)
     別途ランチ注文お願いします。
    (メニューが多いのでセットにしていません
      楽しんでチョイスして下さい。)



  *用具(フェルティングニードル&マット)お持ちでない方は
   別途¥500でご用意出来ます。申込時にお申し付け下さい。

  
   * お申し込みは(受付確認のお返事を差し上げて完了としますね。)

       ①ブログのサイドバーのメールフォームから
       ②コメント欄からカギコメで.....こちらの場合は
        本文中に連絡先を入力して下さいね.
        メールアドレス欄だけのご記入では受付完了の
        ご連絡がシステム上不可能なのです。ご注意くださいね。


   *出張講習『Homey』さん*定員6名

 RIMG0036_convert_20100324092747.jpg
       7月23日(土)PM1:30~約2時間+ティータイム
       
       講習料、材料費&おやつ付き......¥3,000


      暮らしにより添う器と雑貨  Homey(ホーミィ)
             店主 墨田久子(すみだひさこ)

        〒528-0057 滋賀県甲賀市水口町北脇501-1
        TEL / 0748-62-1949 Fax / 0748-63-1186
        URL : http://www.eonet.ne.jp/~homey   
        E-mail : homey@hera.eonet.ne.jp
     ----------------------------------------------     

       申込は,先着順なので会場に直接の方が確実ですが
       (空席状況がすぐわかるので...)
       一応コチラのブログからも同様に申し込めます。

       ********カウンタープレゼント当選者発表**********
  私の不手際で申込の方の確認が遅れで延び延びなってましたが
  やっと抽選しました。

   今回は展示会場より応募の方は×2で抽選という事でこんな感じ 
    RIMG0001_20110705173448.jpg

   で、抽選補助はクマ君、無理矢理持たせました。
   RIMG0005_20110705173448.jpg

   えいや~~と投げさせようとしましたが無理で.....

   暑い中ぶるぶる震えてもらって(私が揺さぶりました.)
   最後に残った方を当選としました。
 
  その方は.....
RIMG0004_20110705173447.jpg


    草野さんでした。

   外れちゃった方ゴメンなさいね。応募して下さってありがとう。
   今度はもう少し要領よくプレゼントしますので懲りずに待っててね。

   草野さん、気が付かれましたらご連絡先を教えてくださいね。
   急ぎません,プレゼントは気長に待ってもらわないと作れないので....

   夏休み中には出来るかと.....待っててね。

   
   

       

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村