アレンジ
羊毛フェルト*ひつじといっしょ 2012年09月

羊毛フェルト*ひつじといっしょ

 羊毛フェルトと羊にたっぷりつかった日々を送っております。 カフェにて、のんびりと講習したりしています。羊毛フェルトを始めたい方や、挫折した方でも、気軽にのぞいて楽しんでもらえたらと思います。

 興味のある人も興味のない人も

とりあえず見ていただけると嬉しいです。ご家族で是非。

賛同いただける方は拡散して下さると嬉しいです。
私のツイッターではショボイので....。

チェルノブイリの影響、ウクライナの今の状況が
今夜(9月23日)10時からNHK(Eテレ)で放送されます。

『ETV特集』
支援を求めるウクライナの状況を世界はどう受けとめているのか
『因果関係が証明されてない』と他の国から言われているのだと前宣伝で書いてあった。

原発、放射能 避難 除染それぞれも考え方は有るだろうけれど
それぞれの人が自分の目で(直接は無理だけど)見て考えて下さい。
自分たちならどう考えるのか、自分の子どもならどう思うのか。

安全も、危険も今日の生活には見えないのです
その積み重ねから見えてくるものが画面の中に有るのではないかと思います。

本当に大事なものも、本当に怖いものも
隠れて見えない....
それでも、知らない事(知らされないこと)は何より怖いと私は思います。

            

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
 
相次いで、私の背中を押してくれた人がこの世を去りました。

   この二人に感謝を込めて。


      ★

一人は、私が初めて講師として講座を開いた日から、
来てくれたFさん。(その時が初対面だったけれど)

はっきりとモノを言うしっかり者で
自分の夢を持って色んなことを吸収していくタイプの方。

講座に来ても最後まで完成させずに
(他の方は仕上げて帰る人が多いんですけれど)
最後の表情を決める目を必ずご自宅で
満足のいく位置に決めて付けていらっしゃった。
そんなこだわり派の彼女。

私がブログを立ち上げるきっかけにもなった人。
彼女のブログに講座で作ったモノが載せられ(写真も上手)
ブログの読者からのコメントを読んで
私の作ったモノじゃないけれど我が事のように舞い上がり
何度の何度も読み返してにやけていた自分を思い出す。

講座でも困った緊急事態に手を貸してくれた彼女とそのお友達。
(ブログの最初の記事に有ります。)

病気で亡くなったと少し前に知らせが来て
ああ、お引っ越ししてしまわれたからお会いしてなかったなあ...
時々どうしてるかなってブログをみてたけど...更新なかったから.....そうだったんだ...と。

まだ子どもさんもお母さんがそばに鋳て欲しいお年頃ではなかったか?
(それはどんなに大きくなっていてもそうなんだけど....)

デジタルな時代、今でもメールを出せば彼女から返事が来る様な気がします。
『ありがとう』をもう一度あなたの伝えられたらいいのに...。

        ★

もう一人は私の祖母。

長い間一人孫で、兎に角可愛がってもらった
(後に叔父にも子どもが出来て4人に増えますが...)
甘やかすというのではなく
本当に丸ごと愛してもらった。
彼女にはそもそも理想の孫なんてモノは存在しなかった

今おもえば『孫』というのは『丸ごと私』だったのでは無いかと思う。
何をしても否定されたりしなかった。
そして彼女も孫が来たからと言ってめちゃめちゃに甘やかすでもなく

普段の日常にそのまま私を迎え入れてくれた

ミカンを収穫すると言っては後ろを付いてまわった。
買い物に行く時は60ccバイクの後ろに私を乗せてくれた。

草餅を作る時は一緒にヨモギを摘み
時には柏餅の葉を取りに行った。
タケノコをほり子牛にエサをやり
忙しく働く彼女の日常はそれでも私中心に回った。
タダの一つも『孫のために〜〜する』とは言わなかった。

でも全て私のためだったと思える。お手伝いしてるつもりで居たのだけれど....笑。
すいかだってトウモロコシだって祖父母があんなに食べる訳はない
私が遊びに来る時に取れるように育ててくれたのだ。

だから、いくら大事にしてもらっても
わがままを言おう何てこと事態考えつきもしなかった。

私が忘れて帰った忘れ物は
おもちゃのネックレスから
お祭りの景品、落書きまで
決まった引き出しに取っておいてくれた。

次に来た時に開けると、忘れて帰った事さえ気付いてない自分に笑ったり
こんなものまで置いてくれてある...とビックリしたり、
ミニタイムカプセルだった。

近所の瓦やさんで粘土をもらってきてくれて
日が暮れるまで遊んだ
せいぜいお団子とそれを乗せるお皿を作るだけで
アーティスチックなものは作っていない。(凄くいい粘土だったので今思えばもったいな話だけれど)
何を作っても良かった。何かを作ってご覧とも言われなかった。
大きくても小さくても全く制限というものがなかった。

今、子供たちは自由に作るというと
『もっと大きく、どんな事をやってもいいよ』といわれる事はあるかもしれない
でも実はこれはもう既に『おもいっきり』ではない。

何もかも私基準のお婆ちゃんは、たぶん今の私の中に
大きな基礎を作ってくれた人だと思う。
たぶん、自分が持つに世界一のお婆ちゃんだったと思える。

葬儀の時一番泣いてたのは私だったと思う。

そして、彼女に贈る言葉は本当に一言だけ

少ないのではなく......何を言ってもこの一語に尽きる

   『私のお婆ちゃんで居てくれてありがとう。』

            

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
めずらしく、イベントしかも大阪へ出展致します。


   2012.10.12(金) 11:00~20:00 

  梅田スカイビル 3F ステラホールにて行われる

   『GOOD MARKET』に参加することになりました。

様々なジャンルのクリエイターが集まって 

約100ブースの展示販売になります。

平日の1日イベント、で大阪....
私にとって普通はちょっと参加しないハードルの高さでございますが

『一人でブースを埋められない(お店番も一人では大変だし)』

という悩みも吹っ飛ばす心強いお友達といっしょに出展することになりました。

ご一緒して下さるのはブログ『海月羊』のharu さん

彼女のパンチの効いた作品は必見です。

品数が多い訳ではないのだけれど、
二人ともニードルのウェットも使うヒツジ仲間で、
それぞれ主に作品を作るのは、片や『ウェット』、片や『ニードル』と
見事なコンビネーション。
さすがに今回コラボ作品は無いけれど
『二人揃えば大抵の事なら何とかなるでしょ!!』と、
お気楽ムードと勢いで出展します。

ミニ講習でも出来ればいいのですけれど
さてどうなりますやら....?

他にお友達作家さんも遊びに来てくれる予定
運が良ければ会えるかもですよ。

同じフロアで『ホームクチュリエwest』も開催されます。
手作りの秋本番。

皆様、どうぞお越し下さいませ。

            

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村

『パンダの赤ちゃんのストラップ』のオーダー依頼を受けて
 作った子です。

 赤ちゃんパンダってコロコロだけどフワフワでクニャクニャ。
 転がったり、ハイハイしたりはちょっと不器用そうで
 お座りしてもちょっと不定形っぽいイメージ(不定形じゃないけど...)

 気に登るのは得意で俄然しっかりするんだけど
 歩く前に木に登るっていわれるほど木登りは得意なんですよね。(知ってました?)
 私はわりと最近知りました。

 RIMG0019_20120907165909.jpg


 ストラップなので、ベースはガッチリ先ずピン抜けは無いと思います
    ちょっと特殊な事をしてみました。
    ヒントはお友達のパンダ作家のmakikoさんに教えていただいた方法なのだけど
    彼女の方法はちょっと難しい。
    あくまでもパンダを知り尽くした彼女の手の成せる技。

   『使っていいよ』って、許可はいただいたんだけど
   (お友達でも、許可は取ります。それが礼儀ってモノですものね。)
    
  その事をふまえての応用で作っています。
RIMG0017_20120907165910.jpg
 

 ガッチリしても固そうに見えないように表面を作っていきした。。
 オーダー下さった方は、よく羊毛を知ってらっしゃるリピーターさんなので
 色んな可能性をふまえて、詳細を詰めて作りました。
RIMG0020_20120907165908.jpg

小さなシッポ。(座ると前に来るとこがいいのよね。)

 体型は赤ちゃんパンダでもサイズは普通のストラップ。

RIMG0022_20120907165907.jpg

 発送用の箱はチョコレートの箱。
 チョコは個包装されていたので勿論汚れはございません。
 ジャストサイズ。あんまりピッタリで思わず嬉しくなっちゃった。

 今は、旅路の途中かな?オーダー主さんちに向けて出発しました。
 可愛がってもらってね。

  私は、作った子達を直接手渡しで販売するか
  直接持参で納品するか、複数を同時に箱に入れて納品する事が多いのと
  作る物のサイズがバラバラなので

  オーダーで発送する時には
  特に発送用の箱を準備していません。(買うと在庫だらけで手に負えないので)
  可愛い紅茶の箱とか、お菓子の箱などを取っておいて
  発送する事が多いです。
  
  もしかしたら、ちょと大きめで
 『ジャガビーの箱』なんてこともそのうち有るかも....。まだないけど...。
  ご負担いただく送料も出来るだけ少ないように
  丈夫で軽い可愛い箱を冬ごもりのリスのごとく貯めています。

  (注)本人のイメージはリスとは申し上げられませんのでご注意を.....あしからず。
  
            

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村

  
 
 

 
 
ドイツに居る会ったことないけど仲良しさんから
お荷物がどきました。(私も交換に送ったんだけどね。)

  何かな〜〜やっぱりスリリングで楽しいです。

  こんな感じでオープン!!
RIMG0015_20120907165911.jpg


可愛いグミはくまさんの形
しっかり歯ごたえ。あ、美味しい。
ラズベリー味とかが有るのがヨーロッパぽいなあ。

アップルリングは日本のはどっしり砂糖漬けを乾燥させたっぽいけど
コチラはふんわりしてるソフトな甘み。
種類は何だろう?ジョナとかに近いのかなあ?

イチゴジュースもこの1袋で500cc、出来るの
不思議ととろみが付いてました。
ちょっと甘いので少し牛乳を入れていただきました。
子どもにせがまれて速攻作ったのでした。
イチゴもやっぱり種類が違うかも....所変われば..ですね。

そして最後はスグリのジャム自家製ですって。
そもそもはこのスグリがきっかけで
お荷物を送っていただく事になったの

ジャムのビンのラベルが何だか実験室っぽくてカッコイイ。
スグリのジャムは初めて食べました。
どんなお味かって....?
一番似てるのは.....スモモのジャムかな?

酸味が効いてて爽やかです。
パンに塗ってよし
ヨーグルトに入れて良し、どうもありがと〜〜♡
大事にたべま〜す。

楽しい異国のお荷物探検でした。



  注*  私、ドイツ語出来ません、
    ドイツに居るけど仲良くしてくれてる彼女は日本人です。


  
            

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村