アレンジ
羊毛フェルト*ひつじといっしょ フェルトって?

羊毛フェルト*ひつじといっしょ

 羊毛フェルトと羊にたっぷりつかった日々を送っております。 カフェにて、のんびりと講習したりしています。羊毛フェルトを始めたい方や、挫折した方でも、気軽にのぞいて楽しんでもらえたらと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、羊毛フェルトの基礎知識のパート1です。
ご存知の方にはつまらないかもしれませんが..。そんな方は読み飛ばして下さい。
ご存じない方は、知識の一端としてどうぞ。
 
羊毛フェルトって聞いて、すぐに分かって下さる方も
最近ずいぶん増えましたが......。
私の住んでいる辺りではそれでも、
『雑誌の中で見た』『TVで見た』という方が多いです。
最近『雑貨屋さんで見た』という方が増えました。

そんな中、どこに行くにも羊毛と、フェルティングニードルを持ち歩く私。
(紅茶の缶に入れて持ち歩きます。)
電車の待ち時間でも、歯医者の待ち時間でもサクサクやって
時間を過ごします。
ですから『何をしてるの?それは何?』って良く聞かれます。
(そりゃあ、不思議ですよね紅茶の缶から色とりどりの綿が出てきて
何だか、丸めたと思ったら、サクサクやり始めるんですから....)

そこで説明をするのですが、一番良く聞かれるのは
「フェルトってあの(布状の)フェルト?」です。

よく売ってる(布状の)フェルトは、昔は羊の毛が材料でした。
(今は、化学繊維でニードルを使って作られていますが....)
フェルトのルーツは、旅人が足が痛くなって、クツの中に
羊毛を入れて歩いたところ、後で出してみたら羊毛が
からんで縮んで固まっていた事から出来たとの事。

 さて、羊毛フェルトに戻りますが。羊毛フェルトには2つの作り方が有ります。
*お湯と石けんを使って作る......水フェルト(ウェットフェルト)
*特殊な針(フェルティングニードル)で、刺しながら形を作るニードルフェルト

作り方は全く違いますが、材料の羊毛からしてみれば
人間している事は同じなんです。
 羊毛は、人間の髪の毛と同じでキューティクルがあります。
そのキューティクルを、松かさ状に開かせて隣の羊毛と絡ませて
縮ませて作っているのです。
 水フェルトでは、お湯の温度と摩擦で作ります。
ニードルフェルトでは、ニードルの側面に付いている小さなギザギザの刻みで、
羊毛を引っ掛けて絡ませたりすることで作ります。
セーターに毛玉が出来たり縮んだりする原理と同じなんです。
(髪の毛や、セーターには有り難くないですが...)

 一般に水フェルトは、コースターやバックやマット
 大きなものでは遊牧民のテントなどシートにするモノに向いています。
 それに対してニードルフェルトは、細かい細工のいるもの、
 人形などの立体に向いています。勿論例外は有りますが...。

 私はどちらの方法も使いますが、主にニードルフェルトで作っています.

     

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
コメント

羊毛フェルトの知恵袋ですね!
改めて、奥の深い素材だと実感しました。
ヤフオクにフェルト作品を出品し始め、他の方のいろいろな作品をみていると、どうやって作ってるの?と思う作品も多いです。 パソコン、インターネット、超初心者(9月ごろからはじめたばかり)でわからないいこと、いっぱいですが、手作りの刺激になりますね。「あるてぃ」にも、いかせてもらいます。(あすからですよね?)楽しみです。準備、がんばってくださいね!
2008/12/02(火) 08:52:19 | URL | なないろぱれっと #-[ 編集]
何かお役に立てれば....
なないろぱれっと様
何かのお役に立てたなら嬉しいですが....
羊毛もフェルトも、奥が深いです。
良い意味で、羊毛地獄ですよ.....あり地獄の親戚?
ハマったら抜け出せません。
幸い、食べられちゃう心配も無いですし、
楽しいばかりで、苦しいとは思いませんから
ちっとも、地獄っぽくないですが.....。
羊毛天国...かな?

 またこういった形でのんびりとではありますが
載せて行ければと思ってますので、よろしかったら
覗いて下さいね。
2008/12/02(火) 15:34:01 | URL | rai*chi #MRDfM7TU[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://marugotohituji.blog55.fc2.com/tb.php/19-a194b3e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。