アレンジ
羊毛フェルト*ひつじといっしょ フェルトまつり

羊毛フェルト*ひつじといっしょ

 羊毛フェルトと羊にたっぷりつかった日々を送っております。 カフェにて、のんびりと講習したりしています。羊毛フェルトを始めたい方や、挫折した方でも、気軽にのぞいて楽しんでもらえたらと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月15・16日の二日間京都へフェルトまつりを見に行ってきました。
羊毛フェルトのイベントとしては、これほどのレベルのものはそうそう無いと思います。
作品を出展される作家さんは、たぶん日本屈指の方々...。
その方々が、直に教えてくださるワークッショップや、デモンストレーション。
羊毛も豊富にそろえられ...会場も文化財という、凄いイベント。
 お茶席のお抹茶も、おまんじゅうも美味しい....。こんなところもハマちゃう。
しまだい本陣
フェルとまつりポスター

では作品をどうぞ...先ずは、ワークショップをして下さった先生方の作品から....
DSCN2739_convert_20081122163652.jpg
↑羊毛フェルトのパイオニア.....ジョリージョンソンさんの作品
実物は、もっと渋くて重厚でおしゃれ。こんな作品が書店に有ったら
それだけで、ステキな本に出会える気がしてドアを開けてしまう事請け合い。
DSCN2763_convert_20081122170147.jpg
↑私も参加させてもらった、ワークショップ指導して下さった坂田ルツ子さんの作品。
とても気さくな先生で、お人柄にも惚れ込んでしまいそう。
丁寧に教えて下さって、感謝の一語に尽きます。

DSCN2737_convert_20081122163858.jpg
会場で、誰もが目を釘付けにされる大きな羊さん。
ワークショップで、ルームシューズの指導に当たられた加藤ますみさんの作品。
ここに来る人はみんな羊好きばかり....
写真を撮らなかった方はいないのでは?

そして次は、ニードルフェルトのデモンストレーションをして下さった先生方の作品。DSCN2746_convert_20081122164510.jpg

DSCN2776_convert_20081122170512.jpg
↑15日にデモンストレーションして下さった
『羊毛倉庫』こと鈴木千晶さんの作品とデモンストレーションのお人形。
このお人形は、この上に手を加えられて、それはそれはすばらしいお人形に
仕上がっています。是非HPで、ご覧になって下さい。
もうため息ものです。私が心底憧れてやまない作家さんです。
技術と、心とがそろってこそ生み出せる作品だと思います。
今回、初めてお会いして、作品を見せていただいて、手に取らせていただいて
感激続きの2日でした。

DSCN2753_convert_20081122164925.jpg

DSCN2770_convert_20081122165727.jpg
↑こちらは、16日にデモンストレーションして下さった真心職人さんの作品
ニードルフェルトとしてはかなり大きい作品を作られる方です。
本職は大工さん...そこで納得。
動物達を、細かくとらえてリアルに作っていかれる作家さんです。
子ども達が、気に入ってしまって作品を放さない場面もしばしば....。
とても気さくな方で、沢山お話を、聞かせて下さいました。

DSCN2771_convert_20081122165939.jpg
↑こちらは座談会でお話を聞かせて下さった、サンサンとおっしゃる作家さんの作品。
沢山の帽子、カラフルでポップ、そしてとても手が込んでいます。
可愛くっておそるおそる頭に載せてみました.....。
裏地の付け方が独特で。帽子によって少しづ違いが出ます。

DSCN2762_convert_20081122165442.jpg

DSCN2761_convert_20081122165122.jpg
デモンストレーションと、販売はこんな感じで行われていました。
ワークショップは、どうしても、個人の特定出来る写真になってしまうので
お写真は控えさせていただきました。

本当に盛りだくさんの、一生忘れられないすばらしいイベントでした。
来年も有るといいのにな~。
 開催して下さった、スピンハウスポンタさんに感謝いたします。
そして、作家の先生方にも心よりお礼申し上げます。
(先生と御呼びすべきところですが、語呂の都合上文中では『さんづけ』で統一させていただきました。失礼を、お許しください。)

 にほんブログ村 羊毛フェルト
コメント

京都生まれで、大学生のときは、よくギャラリーめぐりしてました。作家さんとお話しできたりして、たのしいですよね* まちやのギャラリーすてきですね!
作品もみごたえありますね!私も、また、1人でギャラリーめぐりしたいです。
ブログもある意味、マイギャラリーですね!私も、ブログ、楽しみたいです。
2008/12/01(月) 10:29:03 | URL | なないろぱれっと #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
なないろぱれっとさん

コメントありがとうございます。私も学生の頃から
6年ほど京都におりました。
大学の時にギャラリーをみてレポートを書く課題が出たりしました。今も昔もギャラリーの多い街だと思います。

この『しまだい』本陣は、通常ギャラリーでは
ないかも.....です。(一見の価値ありの文化財ですが。)
また、ギャラリー巡り楽しんで下さいね。
 このイベントのページにコメントをいただける方が
思ったより少なくて.....コメントいただいて大変嬉しいです。かなり通ですね?(うふふ)
    またよろしく♥
2008/12/01(月) 13:39:48 | URL | rai*chi #MRDfM7TU[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://marugotohituji.blog55.fc2.com/tb.php/29-9b7e9065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。