アレンジ
羊毛フェルト*ひつじといっしょ うし君、集合写真撮影中♪

羊毛フェルト*ひつじといっしょ

 羊毛フェルトと羊にたっぷりつかった日々を送っております。 カフェにて、のんびりと講習したりしています。羊毛フェルトを始めたい方や、挫折した方でも、気軽にのぞいて楽しんでもらえたらと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月12.16それぞれ、be-cafeで講習でした。
12日.....5人。16日.....6人。どちらもにぎやかな講習になりました。
(16日は、ちょっと事情でうちの子どもを連れて行ってたので、....平日なのに....
結構講習好きで、キット配ったり絆創膏出したりと、
まめなので邪魔にもならないのですが上手く写真を撮る様にならず....
16日の参加者の皆さんごめんなさい。12日だけ、写真を撮る事が出来ました。)

12日は、不思議と、前回の中山道街道文化交流館の時のメンバー.....
偶然なんですが.....不思議と仲良しで和気あいあい.....。
出来上がると
↓「集合写真を.....」って皆さん順に入れ替わり立ち替わり、携帯撮影会。
DSCN2834_convert_20081217151708.jpg

DSCN2836_convert_20081217152028.jpg



↓うし君の集合写真です。ラブリー
DSCN2832_convert_20081217151805.jpg

↓ついでに後ろ姿も....ウフフ
DSCN2833_convert_20081217151939.jpg

この2回の講習で、皆さんが「ここが手強い」と、おっしゃったのところを、
我流ながら説明しておきます。何かと使えるかと思うので.....。

 12日.....うしの鼻木と、角でした。
     鼻木・角......細い紐状に作るのが大変だったようです。
     細いモノを作る時は、羊毛をこより状にヨリまとまりを作ってから。
     左手(非利き手)の、親指と人差し指、中指の三本ではさみ、
     割りとしっかり挟んだ状態でニードルを刺したまま、ニードルを
     前後させます。
(一針一針抜き差しせずに一回刺して
     そのままニードルをザクザクと2~3回前後させると効率ががいいです)
     ※このニードルを刺す時に指を傷つける方がよく居られます。
      ニードルを、羊毛に刺すのではなく、ニードルの先を固定しているところに
      羊毛の方を上手く刺してから、羊毛ごとニードルの側面を指で挟んで
      サクサクしてみて下さい。事故が減りますよ。


 16日..... ブチでした。ブチ模様を付けるのも以外と時間がかかったり
      ブチのないベースの部分との段差が大きくなったり、大変だったようです。
      ブチにしろ模様にしろ、ベースに別色を置く時は
      以外と羊毛が少なくて出来ます。
      先ず羊毛の乗せ過ぎに気をつけて下さい。

      (足りないのはあとで簡単に足す事が出来ます。
       でも多すぎるのは、はがすのが大変ですから....)
      乗せる形が決まっている時はその形にしてから乗せても良いですが
      形を作ってから乗せなくても、形は刺していきながら作る事が出来ます。
      簡単にやり方を書いてみました。↓ 
      ・別色を付けたいあたりに、羊毛をおきます。
      ・羊毛がずれないように、中心辺りをニードルで数針刺して軽くとめます。
      ・中心辺りから刺していくと、周囲のまだ刺してない羊毛は
       しだいに刺した辺りによってきます。
      ・それを利用しながら、好みの厚さ、色合いになってきたところから
       ニードルで刺して固定していきます。
      ・途中,羊毛の端が好みのサイズになったり、
       「ここで固定したい」と思うような状態になればそこも固定します。
       そうすると、薄いところ等が出来ていたりするでしょうから
       その部分に、薄く羊毛を乗せて色合いや形を調整していって下さい。
      
       文章で書くのが難しいのが羊毛フェルトの難点だとおもう....。
       私の文がわかり難いだけかな?
       写真で見ても、わかり難いけど......。
       実際に、目で見て、耳で聞いて....これが一番わかり易いですよね。
       もし参考になる方がいればいのですが....。

  にほんブログ村 羊毛フェルト
       
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/18(木) 18:49:45 | | #[ 編集]

 参加の皆さん、お上手ですね。

私も最初は、随分と手を刺したり、針を折ったりしました。
 フェルトは、粘土感覚で切ったり足したりできるし、途中で止めてもいつでも再開できるし、かなり扱い易い材料ですね。

 
2008/12/19(金) 00:23:18 | URL | 真心職人 #-[ 編集]
真心職人様
 色々モノを作ることが好きでやってきましたが。
羊毛フェルトに行き着いた感があります。
素材の質感の優しさと、創造の多様性.....
他にはないバリエーションだと思いますよね。

粘土も好きなんですが.....コチラは私が使うものは、
手に入らなくなる事が多くて......。
今は、粘土の方は羊毛フェルト用に小物を作るのが
主になってます。
 
 羊毛フェルトは変幻自在なところが似ていて
粘土的ですよね。
共通点を感じながら作ることが多いです。
どうしても、空間表現に限界がありますが.....
それにもましても魅力的な素材だと思います。
2008/12/19(金) 08:17:40 | URL | rai*chi #MRDfM7TU[ 編集]

v-22こんにちは!
牛さんがたくさん並ぶと、かわいさがましますね!
ハムちゃんと一緒で、模様をたのしめるのがいいですね! またつくってみようと思います。
こどもさんも、お手伝いしてわいわいと楽しそうですね! 
羊毛フェルトは、言葉では、作り方を教えるのは、難しいですね。私は、キットの説明を見ながら始めたので、最初は、苦労しました。
2008/12/19(金) 12:21:45 | URL | なないろぱれっと #-[ 編集]
なないろぱれっと様
うしさんは、みんな色々な模様を付けてます。
♥、四葉の♣などなど....。
バックシャンに仕上げてました。
もう一回講座があるので、
その写真にも写ると思います。
2008/12/22(月) 12:55:57 | URL | rai*chi #MRDfM7TU[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://marugotohituji.blog55.fc2.com/tb.php/37-4783f51d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。