アレンジ
羊毛フェルト*ひつじといっしょ ひつじの毛刈り...刈られた羊毛のその後.(一寸改訂)

羊毛フェルト*ひつじといっしょ

 羊毛フェルトと羊にたっぷりつかった日々を送っております。 カフェにて、のんびりと講習したりしています。羊毛フェルトを始めたい方や、挫折した方でも、気軽にのぞいて楽しんでもらえたらと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一体、何時のはなしの続きやら...なのですが

春に行った,ひつじの毛刈りの...毛のその後のお話。

(毛刈りのはなしはコチラでどうぞ...)

 
さて刈り取った毛は,市販されているひつじの毛とはほど遠く
RIMG0002_20110712081435.jpg

白い羊もかなり思い込みで白と思わなければならない色をしています。
RIMG0005_20110712081435.jpg拡大~~!!

だって羊さんお風呂に入れないものね

じゃあ,羊はこんなに汚れ汚れで平気か?ってことですが...
RIMG0004_20110712081434.jpg
↑でんぐり返して見たところ...
羊自身の皮膚の辺りは....汚れが中まで到達出来ないので
奇麗なんですね。よく出来たものです。

でも、かなり脂ギッシュ。
  羊の脂はラノリンと言います。人の皮脂に非常によく似ていて
  なじみが良いので,実は高級品だったりしますが
  この時点ではあまり魅力的ではございません。



  
毛刈りをして、ここまで来たら
洗いたくなるのが人情です.(私だけ?)


   ※私の様に物好きさんもしくはチャレンジャーな方のために 洗い方講座。

    まずは注意事項から...

    羊毛は,お湯の中でこすれるとフェルト化しようとします。
    急激な温度変化(熱い→冷たい)も、フェルト化を促進します。
    ですから,お湯の中で擦る揉むは厳禁です。
    (セーターを洗う時にしてはイケナイ事は羊毛洗いにも共通です。)

   ( あくまでもフェルトを作っているわけでなく
    羊毛を羊毛のママ洗いたいのですから....ソコのところを押えておきましょう。)

   あとは,初心者の方は、『折角洗うんだから』と張り切って
   いっぺんに沢山洗おうと思わないほが無難です。

   無難と書いたのは,
   『根性で洗いきれる人』や『初めてでも上手く洗える人』も当然居るからです。
    ご自分の性格と総合判断でどうぞ。


   *さあ洗いますよ。

    ①目立った大きなゴミや、あまりヒドい羊毛が有れば取り除きます。
    
    ②お風呂(熱め)くらいのお湯を用意します。
     練りモノゲン(羊毛用の石けん)無ければ普通の洗濯石けんでもシャンプーでもいいです。
     を溶かしておきます。

    ③羊毛をゆっくりとお湯に浸けます。
     (汚れが一気にお湯に出てきます.)
   
    ④汚れがひとしきり出たら羊毛をそっとお湯から出して
     水気を切ります。(揉まない擦らない)

    ⑤再び②と同様の石けん入のお湯を張り替えて羊毛を漬けます。
     汚れのヒドい部分を中心に手で一房づつやさしくしごきます。
     ゴシゴシしてはいけません。

    ⑥脱水機で脱水し,奇麗なお湯で漬けてゆすぎ脱水機で脱水。
     繰り返して奇麗になったら
     風通しの良い場所で干して乾かしましょう.出来上がりです。


    で、さっきの羊毛が洗うとどうなるかって事ですが
    こうなります。

RIMG0007_20110712081434.jpg
やっぱり白い羊だった事がお分かりいただけるかと....
 
 で、この羊毛が乾いたのち,染色すると
画面のカゴの中の様になります。
RIMG0021_20110712081433.jpg
↑※注:当然の事ながら私ではございません(笑)
毛刈りの実演をして下さった獣医の三木先生。

で、尚かつこのモシャモシャの羊毛を奇麗に梳いてやると
お店で売ってる羊毛の様に使うことが出来ます。
上の画像の見慣れぬ機械はドラムカーダーと言うもので
羊毛を梳いてやったり混色する時などに使います。
画像は手回しタイプなのですが電動のものも有ります。
どちらも結構なお値段が致しますので
かなり大掛かりに羊毛を使う方にはお薦めですが
普通に羊毛をかなりやるという一般の方は下の↓ハンドカーダーがお薦め

RIMG0023_20110712081433.jpg

因に一寸やってみるだけ....と言う方はペット用の
スリッカーブラシで代用出来ます。

で私は....と言うと,ハンドカーダーで充分事足りております。
ドラムカーダーで可愛いデザインのが有るので欲しいのだけれど
欲しいだけで,身に余る代物なので
『衝動買いはいけません』と自分に言い聞かせております。

       

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村  
コメント
私も・・・
一度だけ動物園のフリースをもらったことがあって、大変でした・・・・・
1キロでいいと話していたのになんと5キロもくださいまして・・・・汗

根性のない私はコースター1枚しか作れませんでした・・・・・
大変なんだもの~~~
ごみのけるのがぁぁぁぁ~~~
2011/07/12(火) 21:22:44 | URL | でんでん虫 #-[ 編集]
*でんでん虫 さん
お疲れ様でした。(きっとこの言葉がピッタリだったと想像します.)

もらわれた羊毛にもよるでしょうけれど
お店で買った羊毛(洗っていないもの)とは,遥かに違いますよね。

私も驚異的に汚れ汚れの草とくっつき虫だらけの羊毛には
参ってしまいました。

でも利点も有る物で
それ以来,いっぺんに洗おうなんて事は考えない
自分の手に合った量を選択し洗濯する事を覚えました。

もう大抵の羊毛ではビビらなくなりました。
望まぬ荒療治でしたが....。

因に,どうにもならない場合,洗っていない羊毛も
良い肥料になるそうですよ。
転んでもタダでは起きない羊、恐るべし。
2011/07/14(木) 08:01:12 | URL | rai*chi #-[ 編集]

rai*chi さん
こんにちわ。
先日うちのクロ&チビの羊毛を送りました。
そのうち、忘れた頃に届くと思います・・・

羊毛はコンポストになるので、
うちでも庭の生ゴミ捨て場に一緒に捨てています。
どれだけよい肥料になるか、warabi的にはよくわかりませんが。

2011/07/15(金) 21:27:22 | URL | warabi #yHlRhc2I[ 編集]
*warabi さん
ありがとうございます。
のんびりかつ楽しみに待っております。
あ,バージンウールって初めてかも~~♥
(お店で知らずに....って言うのは有るかもだけど)

過去に洗った羊毛には肥料の作り方も書いてあったような.....
洗い方しか見てなかったけど....

今にして思えばあの羊毛は
肥料にするのが一番向いていたかも....って言う汚れ具合でしたけど

昔々、実家の裏で夏場に農協が肥料を作っていたのですが
何ともとんでもなく香り高い肥料で
家中〆切らねばならなかった。

あとで分かった事ですが嫁に行って10年以上立ってから
あの肥料は羊の毛を汚れごと発酵させて肥料にしていたのだと知りました。

羊おそるべし!!

ッて,羊なんて近くに居ないのに....
どこでゲットしたの???農協さん。
わざわざ持ってくるくらいだから良い肥料なんだと思いますが....。

羊の匂いは香しくても平気ですが
流石にあの匂いは.....私でもギブアップでした。
2011/07/17(日) 12:48:27 | URL | rai*chi #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://marugotohituji.blog55.fc2.com/tb.php/373-9f5e0459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。