アレンジ
羊毛フェルト*ひつじといっしょ 『干支飾りのヘビさん』の準備で基礎知識

羊毛フェルト*ひつじといっしょ

 羊毛フェルトと羊にたっぷりつかった日々を送っております。 カフェにて、のんびりと講習したりしています。羊毛フェルトを始めたい方や、挫折した方でも、気軽にのぞいて楽しんでもらえたらと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月18日のワークショップ

干支飾りのヘビさんタダ今準備中。

RIMG0004_20121111111400.jpg

(ワークショップ御希望の方は前の記事へスクロールして下さいね。
 また追加でまとめの記事も出せれば出しますが....)

 その準備中のヘビさんを利用して
 久々の羊毛フェルトの基礎知識です。
 
 自分の事ながら
 羊毛フェルトの基礎知識、もうやらないのかと思ってましたが....

 
 このヘビさん見ての通りまだらのグラデーション
RIMG0002_20121111111402.jpg

 コレをどうやって出来てるかと言うと
 (普通は、羊毛を色々ニードルで止める時に各自で配色を考えながら置くんですけれど
 実はその方法で作ると コレとは一寸違う仕上がりになると思います。)

 この子を試作する段階で
(試作が没になるとコレも時に没になるんですけれど..ヒヤヒヤで作ります)
こういうモノを創ってあります。↓

ヘビの準備2プレフェルトといいます


半分フェルト化しているけれど
しっかりシートとも言えない状態。
この『途中で止めちゃった具合』がとっても重要。
しっかりシートにすればするほどとドンドンニードルで止める余地が無くなって来ます。


ニードルパンチで作られた物の代表が
皆さん良く御存知だと思います
ハマナカさんのフェルケットですね。

今回のプレフェルトは
ウェットで作っています。
ですから、フェルケットとはまた違った手触りです。

  今回のプレフェルトは二段階でプレフェルトになってます。
  だから二段階にまだらです。コレはかなりイレギュラーだと思うので
  一般的なことを書いておきますね。
  
プレフェルトはニードルでもウェットでも作ることは出来ますが
やり易い方法を選ぶと
自然に羊毛の太さや種類が決まってきます。

おおざっぱに言えば
*ニードルで作る場合はある程度太目の繊維で
 出来ればウェーブのある毛質の物の方が向いています。

*ウェットで作る場合は繊維の細めの物が良いかと思います
 メリノのそこそこ柔らかい物などは扱いやすいと思います。

ニードルで作る場合はがっつりシートにしすぎるという事はまずないと思います
専用のミシンでも使えば有り得るかも...ですが。

ウェットで作る場合はお湯で作業し始めたら
時々表面をつまんでみましょう
少しまとまって『羊毛』が仲間同士でまとまり
付き合って持ち上がるようになってきたらすぐにストップしましょう。

石鹸分をゆすいだりするうちにもフェルト化が進みますので
固めすぎないように扱いは優しく、擦らずに
しぼる時は脱水機にお願いするのがお勧めです。


             

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村  
コメント

すごいプレフェルト。。。感動です♪
ウエットですよね。
私はウエットでメリノでしか作らないので
このプレフェルトを拝見してなんでこんなにキレイなグラデーションになるんだろうと思いました。
私、昔はうす~~く作っていましたがフェルト化してしまうと作るものにうもれてしまうので今は自分のスキな量でやっていますがすごいですね~~^^
ハマカナさんのは私には柔らかいかなぁ~って感じです。
ニードルでもできちゃうんですね。初めて知りました~アセ^^;

2012/11/17(土) 20:41:05 | URL | でんでん虫 #-[ 編集]
*でんでん虫さん

> ウエットですよね。
そうそう,コレはウェットで作っております。
グラデーションがどんな風に出るかは
本当にお楽しみって感じですけれど
以前に薄く作っておられたのなら
グラデーションはお得意な手をお持ちかもしれませんよ。

濃淡の少ない目の何色かで薄く置いて
その上に一寸濃いめのポイント色を配置して裏重茂で表情を変えてみて
お好きな側を表にされるも良し

もう一層、最初と同じグラデか
また一寸違うけど淡いかんじのグラデを置いて
ウェットされても奇麗なのではないかしら?
濃い色を使う時に中に挟むと、きつくならないので無難ですよ。

後はいっそ濃い色同士のグラデも
明暗の差は少なくて色味の強い物同志で
混じりあって楽しいグラデが出来るかと思います。

ウェット経験が豊富でいらっしゃるから
きっとお好きな配色がお有りだと思うのでお試し下さいませ。
2012/11/18(日) 08:41:28 | URL | rai*chi #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://marugotohituji.blog55.fc2.com/tb.php/507-8f1ddbc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。