アレンジ
羊毛フェルト*ひつじといっしょ 二人展の子たち*裏から見てみた....画像。追加版

羊毛フェルト*ひつじといっしょ

 羊毛フェルトと羊にたっぷりつかった日々を送っております。 カフェにて、のんびりと講習したりしています。羊毛フェルトを始めたい方や、挫折した方でも、気軽にのぞいて楽しんでもらえたらと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 早いもので二人展も後4日となりました。

  会期は20日まで、詳細は過去記事からご覧ください。
  

 台風も通ったし
 見に行こうと思って下さったとしても
 もそうそう皆さんお時間もない
 見に行って下さっても
 棚に置かれた作品を
 ムンズと引っ掴んで裏を見るって事は出来ませんから
(一応,触れない様に書かれてますしね。)
 でも、裏も見てみたいって思うのが人情ではないかしら?

 会場に私が在廊している場合は
 結構、気軽に手にとって見て頂くのだけれど
 今回は少々会場まの距離もあるので

 今日は裏側なんぞを.....画像ですけれど
 もしか....楽しんで下さる方が居られる..かも....ってことで

 裏側多めでアップしてみました。

 まずはいつもの子からオレたちともだちシリーズの
 キツネくんとオオカミくん。

 RIMG0114.jpg

間違い探しの様ですが丸っと裏側画像です。

あまり違和感はないんじゃないかしら?
個人的には狐のお尻のラインと甘えん坊な足先が好きなんですが....
ちょっとそこまでは伝わらないですね。

 次は一寸珍しいかもしれませんし多分この展示限定の子
 
オーダー頂いていたケンタウロス。

 どの画像も後ろ足蹄の付近があまり写っていないため
 再現率が悪くて申し訳ございません。

 葦毛のボディーに足元は白足袋っぽく
 蹄はダークな色で作っています。脳内修正でご覧ください。

RIMG0110_20131017131543cd9.jpg

オーダーでなければ作らなかったでしょうね。

どんな子がお望みか聞く時一寸ドキドキでしたっけ(でしょ?)

ケンタウロスってお姉サン?少年?青年?おじさん?
(その他はあまり考えにくい.....おばさんとか.....)

RIMG0111.jpg


   小さく作るにも限界が有って
   本当に弓を引く事が出来る強度とか
  (引かせなきゃ良いようなものだけど.....作るなら引かせたい
   ...で、本当に弓は引いてます。)

   指先とか、弓を持つ構えとか......
   イロイロ両立(多立?)してくれないと困るし....
 
   嬉し、楽し、苦し、新し、の4拍子揃った子です。

   でも、ヤッパリ作るのは楽しい事ですね。

RIMG0112_201310171315448a8.jpg

  後ろから見るとこんな感じ。
  矢羽根も付けてあります。
  矢は、つがえると見る方向によって顔に掛かるので
  今は矢入れの中に納めてありますが
  つがえられます。
  
  つがえて遊べるのはオーダー主さんの特権という事で...ご容赦ください。
  お手元に届く前に展示させて頂いている事ですしね。
  ありがとうございます。

  で、最後は『おふろだいすき』のカバさん達。

RIMG0118_20131017131516feb.jpg

  実は男の子は一体になっています。
  別に作ると倒れてしまうと思うので。

  と言いつつ
  一寸画像では足元あぶなそうですね。
  写真撮るのが目一杯で、後で見て
  『ちゃんと整えて上げれば良かった〜〜』と後悔。

  次回の展示の時もう一度撮り直しましょう。

RIMG0117_201310171315464e8.jpg

  この画像の部分は裏側なので当然絵本では見られません
  男の子の左手がどうなってるのか色んな想像しながら作っておりました。
  良いよって洗って上げることにしたけれど
  あまりにも大きなカバさん。
  ちょっと怖い様な気もするカバ洗い。
  そっと手を添えながら自分の体も支えてるかな?...って
  こんなポーズになってます。

   RIMG0119.jpg

   最後はカバさんのおシッポ♥
   体の割に小さいシッポ、リアルカバのシッポは結構激しく動きます。
   動物園では要注意(ホントよ〜〜)

   シャボンも後ろは見えないので凄く悩みました。
   モリモリ泡を盛りながら小さな男の子の作業を思うのでした。

   ご縁があって会場前お運び頂けてご覧いただけたなら
   そんな想像をして頂ければ嬉しく思います。

   
   台風一過、ひんやりして参りました。
   子どもさんと絵本を楽しんでお風呂でお話しするのも御勧めです。
   書店で見かけられましたら、ぜひ原作もお楽しみください。



                 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
  
 
 

 
 
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://marugotohituji.blog55.fc2.com/tb.php/549-d511f04b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。